2010年01月07日

福岡県が「アジア特区」構想 企業誘致や人材育成目指す(産経新聞)

 福岡県の麻生渡知事は4日、アジア諸国との企業誘致や人材育成などを展開する「福岡アジア新時代創造特区」構想を明らかにした。近く関係省庁との調整に着手し、政府の「成長戦略」が決定される6月までに詳細な内容をまとめる。麻生知事は「福岡の地政学的な立場を踏まえ、アジアへ積極的に打って出る」と強調。対ASEAN(東南アジア諸国連合)の拠点としてタイ・バンコクに県事務所を新設する考えも示した。

 特区は中小企業を中心とした企業誘致・企業交流やベンチャー企業の育成、環境対策の振興などを目的とする。新たな若者文化創出や人材育成に結びつける策も模索し、内容によっては隣県との共同特区申請を検討する。環境分野では、すでに県幹部がベトナム・ハノイを訪れるなどして準備を進めているという。

 麻生知事は「従来の規制緩和にとどまらない総合的な特区政策をとる。成長戦略が具体化される6月をめがけて積極的に提案していく」と強調した。

 バンコク進出に関しては「ASEAN中心国の中でも、タイは経済発展や国際機関の集中が著しい。自動車産業などの面でも(福岡県と)関係が深い」と説明。バンコク事務所開設に伴いソウル事務所は今年度末で撤退する方針という。

 麻生知事は「『打って出る』という考えのもとに県政を展開する」と今年の抱負を述べ、高齢者の職域拡大を目指す「70歳現役特区」構想や、雇用対策の一環として今年の県職員採用数を約230人(例年80〜90人)に増やすことも明らかにした。

【関連記事】
小沢“ツルの一声”?沖縄カジノ構想が急浮上 
亀井金融相「沖縄カジノ」構想 みんな賛成?
伊丹廃止論の橋下知事「3空港併存なら一元管理納得できぬ」
伊丹空港跡地を「英語漬け特区」に!? 橋下知事が教育構想
JR桜島線延伸案 平松市長「現実味のある話かどうか検討」

t4pkf1bfのブログ
今年こそ優勝
自己破産
カードでお金
クレジットカード現金化 比較
posted by ワラサ at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。