2010年01月09日

反捕鯨団体が調査母船妨害=水産庁(時事通信)

 水産庁に6日入った連絡によると、南極海を航行中の日本の調査捕鯨母船「日新丸」が、米国の反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の妨害船2隻から、刺激臭の強い酪酸入りボールを発射されたり、レーザー光線を照射されたりする妨害行為を受けた。クジラの加工や運搬を行う調査母船への妨害は昨年12月に今期の調査捕鯨が始まって以来、初めて。日新丸の船体は損傷しておらず、乗組員にもけがはないという。
 同庁によると、SSは新たに「ボブ・バーカー号」を投入して妨害船を3隻に強化。今回妨害活動を行っているのは同号を含む2隻で、現在も日新丸への追跡を続けている。日新丸は接近を防ぐため、放水や大音量による警告放送を行っている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕調査捕鯨
ホエールウオッチングのシーズン到来=沖縄県座間味村〔地域〕
反捕鯨団体がまた妨害=4回目
反捕鯨団体が再び妨害
シーシェパードが捕鯨妨害=水産庁

保育士のお仕事
お金の使い道
ショッピング枠現金化
競馬情報
2ショットチャット
posted by ワラサ at 12:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。