2010年03月19日

鳩山邦夫氏が新党へ強い意欲「連休前」「覚悟できた」(産経新聞)

 自民党の鳩山邦夫元総務相は14日、フジテレビの討論番組に出演し、新党結成の可能性について「4月末からの連休前」と具体的な時期をあげて「覚悟はもう完全にできている」と述べ、自民党の与謝野馨前財務相や舛添要一前構成労働相らとの連携に強い意欲を示した。

  【写真でみる】 最後はこの人? 自民党の“テレビ担当”

 鳩山氏は、幕末に薩長連合の成立に尽力した坂本竜馬を引きあいに出し「私自身が表に出ず、裏方で捨て石でもいい」と述べ、「与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相らが一緒になれるよう、坂本竜馬になりたい」と語った。

 自民党を出る理由として鳩山氏は「谷垣禎一総裁の迫力がないからという理由で新党をつくるわけではない」としたうえで、「自民党は賞味期限切れ。政策の中身の問題だけではなく、古くさいしがらみを持ち、いまだに派閥政治をやっている」と説明。新党結成の時期については「夏の参院選を堂々と戦えるタイミング」と述べ、4月末の大型連休前を目指す考えを示した。

【関連記事】
「舛添首相」期待感断トツ! 凋落自民希望の星
舛添氏「新党は与謝野氏が先」 党執行部刷新を強調
民主は今年で消滅? 首相、結党時に「時限政党論」
「みんなの党」渡辺代表ニヤリ 参院選で大化けも!?
舛添氏が新党?「現状に不満なだけ」 中田氏

与党幹事長会談の定例化を 社国が申し入れ(産経新聞)
「神戸マラソン」実施へ=市民参加型市街地コース−来年冬にも、震災復興アピール(時事通信)
不祥事続出で国交省、スカイマーク安全監査、経営陣の介入も調査(産経新聞)
自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)
「酒飲んだ」当て逃げ容疑者、巡査が検知せず(読売新聞)
posted by ワラサ at 19:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。